駐車場の施工や温泉開発などが増えてきています

セキュリティー

情報が集まりすぎている家庭用PC

近年、コンピューターの重要は高まり、日本においても家庭に1台は常識で2台3台は当たり前の事となり、身近なものになっている。年齢層で照らし合わせても、子供や主婦、夫や年配の方に至る様々な人が使い、コンピューターライフを楽しんでいる。そんな中、人々が気にして取り組んでいるのが、セキュリティーソフトだ。このソフトが無いと外的要因で、つまりコンピューターウィルスで自分のコンピューターが操作不能になったり、もっと最悪な場合だと、個人情報の流出やオンラインバンクの預金までが危険にさらされる可能性も出てくるからである。しかし、ここに現代社会の家庭用のPC事情において意外な盲点が存在する。それは、落雷の被害に対する対策である。つまり避雷針工事をしていない家庭が殆どという状況である。

落雷対策にも投資をする

前述でも述べたように、人々はセキュリティーソフトにはお金をかけ対策を講じるが、この落雷事故に関してはノーマークな方が多い。それは、自分の近くにその被害にあった事がない人が周りに多いからだ。しかし、年間で約20人の人が落雷で死亡しているというデータもあり、さらに家屋ともなれば被害件数は沢山増えるのである。そう考えると、明日は我が身と考えてもおかしくないのである。しかし、まだこの避雷針工事に消極的な人のために、こんな風に考える事にしよう。例えば、自分のコンピューターが、雷で突然故障し動かなくなったとします。そうなると、コンピューターの金額はもちろんの事、そこに蓄積してあった情報も被害を受け、金額にすれば例えようが無い被害になります。このためコンピューターの被害を恐れる人は避雷針工事を前もって行い、その被害を食い止めようと事前に手を打つ人もいる。この避雷針工事はもちろん業者にお願いすれば行える作業である。もし、そんな被害を被りたくない方は、是非検討してみる事をお勧めしたい。